特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生。災害関連死を含む27人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流、迫る命のリミット 捜索阻む泥、悪天候「歯がゆい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 静岡県熱海市を襲った土砂災害で、大量の土石流に見舞われた伊豆山(いずさん)地区のうち、二つの集落に5日、足を踏み入れた。生死を分けるタイムリミットとされる「72時間」が6日午前に迫る中、堆積(たいせき)した大量の泥が捜索や復旧作業を阻んでいた。

 海から直線で500メートルほど上った場所に位置する岸谷集落。幅数十メートルにわたって土石流が家々を押し流した。高台に立つと、泥の中にむき出しになった住宅の土台が残り、なぎ倒された電柱から電線が垂れ下がる光景が目に入った。今も灰色の濁流が音を立てて泥を流し続けている。

 この集落では今も、安否が分からない住民が複数いる。妻の路子さん(70)の行方が分からなくなった田中公一さん(71)はこの日も現場付近で捜索作業を見守った。家の向かいにあった鮮魚店も流された。「店を営んでいた母子の安否が分からない」。その方向を見渡すと、20軒近くの住宅が押しつぶされた様子が見て取れた。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1467文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集