移籍の二保が阪神入団会見 7日に先発デビュー「恩返ししたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アップ中に青柳(左端)や秋山(左から2人目)と談笑する二保=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年7月5日午前10時6分、安田光高撮影
アップ中に青柳(左端)や秋山(左から2人目)と談笑する二保=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年7月5日午前10時6分、安田光高撮影

 プロ野球・ソフトバンクから阪神にトレードで移籍した二保旭投手(31)が5日、兵庫県西宮市内で入団記者会見を行い、「今、優勝争いをしているところで、少しでもチームに貢献できるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 福岡県出身で、福岡・九州国際大付高から育成2位で2009年にソフトバンク入り。12年に支配下選手登録され、今季は2試合に先発している。

 6月30日の2軍戦で先発しており、中6日となる7日のヤクルト戦(神宮)で阪神での先発デビューをする予定だ。矢野監督から電話で7日の先発を告げられたという二保は「正直、こんなに早くチャンスをいただけると思っていなかった。それだけ期待されているのかなという気持ち。恩返ししないといけない」と意気に感じていた。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集