特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

月刊サッカー

東京五輪オーバーエージは過去最高? 気になる前評判と結果の関係

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際親善試合でジャマイカに勝利して喜ぶ吉田麻也(中央)と遠藤航(中央右)ら日本の選手たち=愛知・豊田スタジアムで2021年6月12日、宮武祐希撮影
国際親善試合でジャマイカに勝利して喜ぶ吉田麻也(中央)と遠藤航(中央右)ら日本の選手たち=愛知・豊田スタジアムで2021年6月12日、宮武祐希撮影

 東京オリンピックで金メダルを目標に掲げるサッカー男子U24(24歳以下)日本代表にはフル代表経験者が多く、年齢制限のないオーバーエージ(OA)枠の3人は過去最高の顔ぶれとも言われる。フル代表は前評判が高いとワールドカップ(W杯)で苦戦し、逆に低いと快進撃を演じる不思議な傾向にあるが、五輪は一様ではない。果たして今回はどうだろう。

 1996年アトランタ五輪から導入されたOA枠。同大会で日本はOA枠を使わず、強豪ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を起こした。2000年シドニー五輪はフル代表との兼任だったフィリップ・トルシエ監督が率い、五輪世代のMF中田英寿、MF中村俊輔、FW高原直泰らは既にフル代表に名を連ね、OA枠でGK楢崎正剛、DF森岡隆三、MF三浦淳宏を加えて8強入り。だがこの世代が主力となり、ジーコ監督が率いた06年W…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1341文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集