連載

美食地質学入門

「美食地質学」は開講です。美食と地質って接点がまったくなさそうですが、さにあらず。実は深~い関係があるんです。

連載一覧

美食地質学入門

第36講 サザエ プレートの“昼寝”最適カイ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎・五島列島のサザエ(エコール 辻 大阪提供)
長崎・五島列島のサザエ(エコール 辻 大阪提供)

 夏がくると、浜辺で食べたサザエのつぼ焼きを思い出す。今が旬のサザエの漁獲量が一番多いのは長崎県。中でも五島列島産がおいしいらしい。その五島列島のサザエが、太平洋プレートと大いに関係があるという。でも太平洋プレートと五島列島って、1000キロ以上も離れてるのに、どうして?

 ■五島列島産は規格外!

 五島列島・福江島産のサザエは規格外だ。見慣れたサザエより二回りほど大きくて、殻が黒ではなく緑がかっている。ワカメやホンダワラなどをたくさん食べると緑になるそうだ。

 五島列島のサザエが大きくておいしいというのはなぜ? 日本料理の大引伸昭先生に尋ねると。

この記事は有料記事です。

残り2091文字(全文2365文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集