県立歴史博物館で企画展 古墳と人々の関わり 17日から、絵図や副葬品など /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「古墳大国群馬へのあゆみ」展のチラシ
「古墳大国群馬へのあゆみ」展のチラシ

 県立歴史博物館(高崎市綿貫町)は17日から、企画展「古墳大国群馬へのあゆみ」を開く。古墳に関する記録や出土品を基に、どのようにして古墳が残されてきたか、地域の人々との関わりはどうだったか、を解説する。9月5日まで。

 県内には1万3000基を超える古墳が確認され、100メートルを超える巨大古墳も数多くある。これらの古墳と人々の関わり方は、その時々で大きく違っていたという…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

ニュース特集