木次線 トロッコ列車終了へ 「砂の器」舞台、廃線危機 「地ならし?」住民ら困惑 /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
出雲坂根駅を出発し、三段式スイッチバック区間を進む普通列車=島根県奥出雲町で、松原隼斗撮影
出雲坂根駅を出発し、三段式スイッチバック区間を進む普通列車=島根県奥出雲町で、松原隼斗撮影

 次は自分たちの番なのか――。JR西日本が、木次(きすき)線を走る観光トロッコ列車「奥出雲おろち号」の運行を2023年度で終えると発表した。車両の老朽化を理由とするが、地元では本心と受け取られていない。小説「砂の器」の舞台でもある木次線の乗客は減少の一途をたどる。県内では18年春、三江(さんこう)線が廃止されただけに、運行終了は木次線廃止の地ならしではと住民らに危機感が漂う。【松原隼斗、小坂春乃、目野創、萱原健一】

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文1938文字)

あわせて読みたい

ニュース特集