特集

九州・山口経済

九州・山口の経済ニュースを伝えます。

特集一覧

レストラン船「マリエラ」 長崎・ハウステンボスで運航再開へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大村湾に浮かぶレストラン船「マリエラ」=ハウステンボス提供
大村湾に浮かぶレストラン船「マリエラ」=ハウステンボス提供

 今年1月に福岡市の博多湾での運航が終了したレストラン船「マリエラ」(563トン)をハウステンボス(長崎県佐世保市)が買い取り、7月10日から運航を再開させる。同市の大村湾を周遊し、ディナークルーズや船上結婚式に使う。

 マリエラは1993年、西日本鉄道(福岡市)が博多港発着で運航を始めた。食事は西鉄グランドホテル(同市)のシェフが手がけ、博多湾を航行しながら昼食や夜のコース料理を提供してきたが、近年はレジャーの多様…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集