特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン政府軍1000人超がタジキスタン越境 士気低下に懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン
アフガニスタン

 タジキスタンの国境警備当局は5日、隣国アフガニスタンの政府軍兵士1000人以上が、旧支配勢力タリバンの攻勢を逃れるため越境してきたと発表した。アフガンに駐留する米軍が8月末までの完全撤収を目指す中、政府軍の治安維持能力に対する懸念が強まっている。

 「アフガン政府軍の兵士1037人が命を守るためにタジキスタンに越境した」。タジキスタンの国境警備当局は5日の声明で、タリバンと衝突したアフガン政府軍の兵士が、北部バダフシャン州から逃れてきたことを明らかにした。6月下旬以降、政府軍の兵士がタジキスタンやウズベキスタンに逃れる事態が散発的に起きている。

 また、政府軍がほぼ無抵抗のまま現場から撤収するケースも相次ぐ。政府側は「戦略的後退」だと主張…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文987文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集