那須どうぶつ王国でライチョウのひな1羽死ぬ 国特別天然記念物

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
母鳥によって育てられる自然ふ化したひなたち=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で2021年7月2日(同園提供)
母鳥によって育てられる自然ふ化したひなたち=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で2021年7月2日(同園提供)

 那須どうぶつ王国(栃木県那須町)は5日、同園で1日に自然ふ化した国の特別天然記念物ニホンライチョウ4羽のうち1羽が死んだと発表した。母鳥による圧死とみられ、今後研究機関で死因を調べる。

 同園によると、ひなは4日午後7時ごろまでは母鳥の後ろをついて歩いたり、餌をついばんだりして元気だった。しかし、翌…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

ニュース特集