特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生。災害関連死を含む27人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

「市に届け出て盛り土」神奈川の会社元幹部は責任否定 熱海土石流

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宅地や太陽光発電所にはさまれた土石流の起点とみられる現場(中央)。土砂は写真の上方向に向かって流れた=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月3日午後5時50分、本社ヘリから竹内紀臣撮影
宅地や太陽光発電所にはさまれた土石流の起点とみられる現場(中央)。土砂は写真の上方向に向かって流れた=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月3日午後5時50分、本社ヘリから竹内紀臣撮影

 静岡県熱海市の大規模土石流の起点で2007年に盛り土をした神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)の元幹部が5日、共同通信の取材に対し「熱海市に届け出て盛り土をした。豪雨はこれまでもあったが、崩れることはなかった」と責任を否定した。

 元幹部は盛り土を含む土砂が崩れたことに「申し訳ないという気持ちは…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集