「なんちょうなんなん」 難聴者の暮らし、アニメ動画で学ぶ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
動画「なんちょうなんなん」の一場面
動画「なんちょうなんなん」の一場面

 「♪前に回って話してくれたら 聴き直すことに応じてくれたら」――。難聴の子の家族会「そらいろ」(福岡市)が歌とアニメで難聴への理解を促進する動画「なんちょうなんなん」(2分53秒)を製作し、2日からホームページで無料公開している。難聴とは何かを知ってもらうだけでなく、周りの人がどのように配慮すればいいかを、親しみやすいアニメと歌で学べる内容となっている。

 会長の岩尾至和(ゆきかず)さん(47)の小学1年の長女橙(ともり)さん(6)が難聴で、保育園時代に周囲の理解を得にくかったことなどから、動画製作を思い立った。2020年12月~21年1月にクラウドファンディングで製作資金を調達。福岡国際医療福祉大の平島ユイ子教授(言語聴覚)が監修し、映像制作会社「KOO―KI」(福岡市)の協力を得て5カ月で完成させた。「難聴って何なん?」の思いをそのままタイトル…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集