大槌町が安否確認訓練 全職員212人対象 広域災害を想定 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
職員から寄せられる安否確認メールをチェックする大槌町防災対策課のメンバーら=岩手県大槌町役場で2021年7月6日、中尾卓英撮影
職員から寄せられる安否確認メールをチェックする大槌町防災対策課のメンバーら=岩手県大槌町役場で2021年7月6日、中尾卓英撮影

 静岡県熱海市の土石流災害で所在不明者の安否確認が課題になる中、大槌町は6日、豪雨災害や大津波など広域災害を想定し、教育委員会職員を含む全職員212人を対象にした安否確認訓練を初めて実施した。庁内メールを利用して本人や家族の安否、出勤可否などを問い合わせ、2時間以内に全員から返信があった。

 6日午前9時、広域災害が発生したと想定。2013年に導入した庁内メールで全職員に一斉メールを送信し、現在…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集