高速バスに両面宿儺 高山市など企画 /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
両面宿儺が描かれたラッピングバスの出発式でテープカットをする国島芳明高山市長(左から3人目)と観光関係者=岐阜県高山市花里町の高山濃飛バスセンターで2021年7月1日、大竹禎之撮影
両面宿儺が描かれたラッピングバスの出発式でテープカットをする国島芳明高山市長(左から3人目)と観光関係者=岐阜県高山市花里町の高山濃飛バスセンターで2021年7月1日、大竹禎之撮影

 高山市発着の高速バス路線に今月から、飛驒千光寺(高山市丹生川町下保)が所蔵する円空作「両面宿儺(すくな)坐像」をあしらったラッピングバスが登場した。

 両面宿儺は「武勇に優れた司祭者で農耕の指導者でもあり、飛驒地域にとって英雄的な存在」と伝えられ、日本書紀にも記されている。アニメのキャラクターとして人気を博しており、5月のゴールデンウイーク…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集