静岡・熱海土石流 盛り土崩落、県調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熱海市伊豆山地区で発生した土石流を巡っては、最上部にあった盛り土を含む大規模な崩落が被害を大きくした可能性が出ている。川勝平太知事は記者会見で「盛り土部分がほぼ全部、土石流とともに流された。どういう目的で誰が盛り土をしたのかは、しっかり検証する」と述べており、詳しく調べる方針だ。

 盛り土は人工的に土砂を固めたもの。県の推定によると、土石流の崩落量10万立方メートルのうち、盛り土は約5万4000立方メートルを占める。2010年以前に盛り土が行われていたとみられる。

 今後、専門家の検証が進められる見通しだが、県の太田博文・危機管理部長は6日「一義的な原因はすさまじい異常気象によるものと認識している。開発はあったとしても民間の事業を原因の一つであるかのように決めつけるのは、誹謗(ひぼう)中傷の対象になる恐れがある」と慎重な姿勢を示している。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集