連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

小池ファントム接近=古賀攻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 政権に渋かった東京都議選の翌日夕、自民党本部に二階俊博幹事長を訪ねたら、先客にうわさの東京都知事がいてびっくりした。

 小池百合子さんのいる応接室の扉は開け放たれていて、筆者の通された部屋にも多少声が漏れてくる。コロナ対策、五輪準備、熱海土石流災害への支援。込み入った話をしている様子ではない。

 選挙期間中、体調を崩しての試合放棄と思われた小池さんが、最終日に突如、都民ファーストの応援に回った。「だまし討ちだ」という自民党関係者の反発は、選挙後をにらんで都知事は自重するはずとの思い込みから来ている。都知事にすれば、あらそんな約束したかしら、で終わる話だ。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1029文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集