特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ワクチン混合接種に注目 1回目アストラ製→2回目その他 免疫強化?欧州で推奨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスのワクチンを巡り、1回目に英アストラゼネカ製を接種後、2回目に異なる種類のワクチンを打つ試みが欧州で注目されている。混合接種は免疫反応を強化するとの研究成果も発表され、多くの国がワクチンの不安定供給に直面する中、接種計画に柔軟性をもたせることができると期待が集まる。

 ドイツのシュパーン保健相は2日、専門家で構成するワクチン委員会の推奨に基づき、1回目に英アストラゼネカ製を接種した人に、2回目は米ファイザーや米モデルナが開発したワクチンの接種を勧める方針を示した。

 新型コロナワクチンの多くは、同じ種類を2回打つことが必要だ。アストラ製はウイルスベクターワクチン、ファイザーやモデルナはメッセンジャー(m)RNAワクチンと呼ばれ、作用の仕組みが異なる。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1138文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集