連載

経済記者「一線リポート」

最前線で取材を続ける毎日新聞経済部記者が交代で執筆します。

連載一覧

経済記者「一線リポート」

キリン、全国でプラン終了 飲み放題、今はリスクに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナによりお酒の楽しみ方にも変化が出ている=東京都中央区で2021年6月
新型コロナによりお酒の楽しみ方にも変化が出ている=東京都中央区で2021年6月

 キリンホールディングス(HD)傘下のビアレストラン「キリンシティ」が、全国の店舗で提供していた飲み放題プランを終了したという。財布にやさしい飲み放題は庶民の味方だ。自らの商品をたくさん飲んでもらいたいはずの酒類メーカーがいったいなぜ――。そんな疑問をキリンHD役員にぶつけてみると、業界が直面する時代の変化が見えてきた。

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の解除に伴い6月21日に営業を再開したキリンシティ新宿東口店。24日に店舗を訪れると、アクリル板の設置など感染対策が施された店内で、やや控えめにお酒と会話を楽しむお客さんたちの姿が目に付いた。全国のキリンシティ33店舗で、約40種類のお酒を楽しめる飲み放題プラン(税込み4000~6000円)が、メニューからひっそり消えたのは今年3月のことだ。

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1873文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集