連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

ワクチン基礎知識/中 変異株にも高い有効性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチンの効果とは
ワクチンの効果とは

 新型コロナウイルスのワクチンは、開発時の臨床試験やその後の研究で、重症化の抑制や感染予防に高い効果があることが示された。ただ、開発時にはまだ流行していなかった、感染力がこれまでよりも強いとされるインド由来の変異株(デルタ株)が、日本をはじめ世界に広がりつつある。この新たな変異株にもワクチンは効くのか。接種後はどのくらいの期間、効果が持続するのか。ワクチンの有効性について疑問点をまとめた。

 日本で使われるワクチンは米製薬大手ファイザー社製と、米バイオ企業モデルナ社製の2種類。これに加えて、厚生労働省は、英アストラゼネカ製を60歳以上を対象に使うことを検討している。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1372文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集