現金受領100人、全員不起訴 河井夫妻が買収 東京地検

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
河井克行元法相
河井克行元法相

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、東京地検特捜部は6日、元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)=1審で実刑判決、控訴中=と、妻の案里元参院議員(47)=1審で有罪確定=から現金を受け取ったとして公職選挙法違反(被買収)容疑で告発された地方議員ら100人全員を不起訴処分にした。受領後に亡くなった1人を除いて、夫妻の買収の意図を認識していたとして起訴猶予とした。

 公選法は買収側と受領した側の双方に罰則を設けており、数万円以上を受領すれば罰金や懲役刑を科されるのが一般的。数十万円以上の受領を一律で起訴猶予とするのは極めて異例だ。東京地検の山元裕史・次席検事は記者会見で「いずれも受動的な立場で、起訴、不起訴と選別するのは不適切」と理由を説明した。告発した広島市の市民団体は検察審査会に審査を申し立てる意向を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集