特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ禍税収過去最大のカラクリ 麻生氏が言う「経済の堅調さ」と…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 国の2020年度税収が60・8兆円となり、18年度(60・4兆円)を抜いて過去最大を更新した。財務省が20年12月に示した想定から5兆円超も上振れした形となり、担当者も「想定外だ」と驚きを隠せない。新型コロナウイルスの影響で日本経済が冷え込む中、なぜ税収だけが拡大したのか。背景には企業が納める法人税の仕組みが影響しているようだ。

 税収の上振れは、主に消費税、法人税の伸びが要因だ。消費税は19年10月の税率引き上げが影響したとみられ、20年12月時点の想定より1・7兆円多い21兆円に。所得税(20年度税収は19・2兆円)を抜き、税目別でトップに立った。

 一方、予想外だったの…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1411文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集