引退ファントム 福岡で展示 150人がかり、トレーラーで深夜に輸送

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
メタセの杜の芝生広場に展示されているF4戦闘機=福岡県築上町で2021年7月6日、籔田尚之撮影
メタセの杜の芝生広場に展示されているF4戦闘機=福岡県築上町で2021年7月6日、籔田尚之撮影

 航空自衛隊築城基地がある築上町の物産館メタセの杜(同町弓の師)の芝生広場に、「ファントム」の愛称で親しまれたF4戦闘機(F4EJ改)が展示されている。空自保有の全機が運用開始から半世紀が経過した今年3月までに退役し、展示機は防衛省が町に貸与した。

 F4は、米国のマクドネル・ダグラス社(ボーイングに吸収合併)製で、全長約19メートル、全幅約12メートル、高さ約5メートル。1971年に運用を始めた空自は約140機を導入し、築城基地でも77~90年に運…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集