特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京に緊急事態発令へ 五輪観客、安倍前首相の発言が「呪縛」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合=東京都千代田区で2021年7月7日午後2時4分、矢澤秀範撮影
新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合=東京都千代田区で2021年7月7日午後2時4分、矢澤秀範撮影

 政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大している東京都を対象に4回目となる緊急事態宣言を発令する方針を決めた。23日開幕の東京オリンピックをめぐっては、首都圏の会場では無観客となる可能性が高くなったが、観客を入れることへのこだわりも根強くある。政府は都や大会組織委員会などと近く5者協議を開いて方針を決めるが、専門家からもさらなる感染拡大を危惧し、無観客を求める声が出ている。

専門家危機感「五輪は特別」は悪影響

 「五輪がなくても感染の拡大が徐々に進行し、完全に拡大のルートに入っている。そのうえで、社会的な関心のあるスポーツで、(国民の)高揚感のある五輪をやるのであれば、緊張感を持って対策を行うことが極めて重要だ」。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は7日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、観客を入れた五輪開催のリスクを感染状況と関連させて答弁し、危機感を示した。

 尾身氏が指摘するように、東京都を中心とした感染拡大は顕著になりつつある。都の新規感染者数は7日に920人となり、6月21日の緊急事態宣言の解除後、最多を記録。18日連続で前週の同じ曜日を上回った。人口10万人当たりの直近1週間の新規感染者数は、宣言発令の目安で、感染爆発を示すステージ4(25人)を上回る30人を超えている。

 その要因とし…

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2443文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集