入管でスリランカ女性死亡 死亡直前のビデオ開示求める署名開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月に亡くなったスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の死亡直前の様子を記録した監視カメラの映像を遺族らに開示し、同種事件の再発防止の徹底を求める署名活動が7日始まった。全国の学生、市民らがつくる支援団体が厚生労働省で記者会見し発表した。会見に同席したウィシュマさんの妹で次女のワユミさん(28)は「姉がどのように亡くなったのか、映像を自分の目で見て真実を確かめたい」と述べ、支援を訴えた。【和田浩明/デジタル報道センター】

 署名活動を呼びかけているのは「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」。ウィシュマさんとの面会を続けていた名古屋市の支援団体「START」や、外国人労働者や難民らを支援して関東地方で活動する「BOND」、関西地方を拠点とする「TRY」などが関わっている。

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2095文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集