連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

安田章大(関ジャニ∞) ゴッホと向き合い舞台に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関ジャニ∞の安田章大が舞台「リボルバー ~誰が【ゴッホ】を撃ち抜いたんだ?~」に主演する。ふんするのは19世紀の画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。安田は「今でこそゴッホは神格化されていますが、生前は絵も売れず、まだ原石のままのひとりの人間でした。そんな彼が、観客の皆さんと同じように悩み、苦しむ姿を見てほしい」と話している。

 原作は原田マハの小説「リボルバー」(幻冬舎)。今回、原田自らが舞台戯曲を執筆した。演出は行定勲。パリのオークション会社に持ち込まれた1丁の古い拳銃をキーに、物語はゴッホとそのライバル、ゴーギャン(池内博之)との愛憎入り交じる関係へ、そして画家の死の謎へと迫っていく。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文713文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集