福岡市、メーデー後援拒む 慶応大法務研究科の横大道聡教授(憲法)の話 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

市民活動を後押し自治体の役割 慶応大法務研究科の横大道(よこだいどう)聡教授(憲法)の話

 自治体はクレームを懸念して政治的に無色透明なものを主催者に求めるのだろう。名義後援がなくても集会は開けるため、表現・集会の自由が制約されるとは言い難い。ただし、後援をしない場合でも一切の不利益がないようにしたり…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

あわせて読みたい

注目の特集