連載

激動の世界を読む

混迷を深める世界情勢のなかで、とるべき針路は――。日本を代表する国際政治学者が交代で論じます。

連載一覧

激動の世界を読む

中国のナショナリズム 異論許さぬ強制的同質化=北海道大公共政策大学院教授・遠藤乾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国共産党創立100周年を記念する祝賀大会の会場の巨大スクリーンには習氏が演説する様子が映し出された=北京の天安門広場で、1日、ロイター
中国共産党創立100周年を記念する祝賀大会の会場の巨大スクリーンには習氏が演説する様子が映し出された=北京の天安門広場で、1日、ロイター

 中国では、革命の名所を訪れる観光旅行が盛んだ。共産党創立100周年=1=をはさんで、その誇らしい1世紀をたどるものらしい。

 ときに人権や民主主義を虫けらのように扱う一党独裁の体制に毒され、なんともかわいそうな人たち。いきおいそんな視線で捉えてしまいがちな現象である。けれども、「屈辱の歴史」を乗り越え、世界最強の国に躍り出んばかりの新興国にあって、自らの人生を「中国の夢」になぞらえ、いわば自然に愛国的になる人は多いようだ。左右を問わず、トランプ、バイデン政権と2代にまたがりアメリカの政権に狙い撃ちされれば、いじめられた気にもなろう。反射的に自国の弁護をしたくなる人も数多くいるに違いない。

この記事は有料記事です。

残り2684文字(全文2981文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集