紹介すれば最大30万円もらえる「みんなの銀行」とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
みんなの銀行はスマートフォンのアプリで操作する=2021年6月23日撮影
みんなの銀行はスマートフォンのアプリで操作する=2021年6月23日撮影

 「みんなの銀行」という名称の銀行が5月28日にサービスを始めた。実店舗や通帳だけではなくキャッシュカードも存在せず、日本初の「デジタル銀行」を名乗っている。サービス開始に合わせたキャンペーンは「小遣い稼ぎ」になるとSNS(ネット交流サービス)で話題となり、口座数は1カ月で約5万に達した。その正体は一体何なのか。

記者も口座を開設してみると

 #みんなの銀行

 紹介コード×××××

 こうしたメッセージが5月下旬、ツイッターに相次いで投稿された。

 この「お友だち紹介プログラム」と名付けたキャンペーンは、口座を開設した際に表示される紹介コードを使って誰かが口座を開設すれば、紹介する人と紹介された人の口座にそれぞれ1000円が入金される、というもの。見知らぬ人でも構わないため、不特定多数が閲覧するツイッターに紹介コードが書き込まれ、「1000円もらえました」という報告も寄せられた。1人がもらえる金額の上限は累計30万円にも及ぶ。

 記者も口座を開設してみた。必要となるのは、スマート…

この記事は有料記事です。

残り1856文字(全文2296文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集