住居失った人の居場所確保が困難に 五輪影響、ホテル利用断られ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
住居の確保など支援を訴える呼びかけ人の北畠拓也さん(左から2人目)=都庁で
住居の確保など支援を訴える呼びかけ人の北畠拓也さん(左から2人目)=都庁で

 東京オリンピック・パラリンピック開催で東京都内のホテル需要が高まり、住まいを失った人の居場所の確保が難しくなっているとして、市民団体が7日、都に居場所の確保を求める緊急要望書を提出した。

 要望したのは、住まいを失った人を支援する10の市民団体。団体によると、新型コロナウイルスの感染拡大などで住まいを失う人が増えている。こうした人が生活保護を申請した場合、都が紹介するホテルに1カ月程…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集