生徒会選挙をネットで投票 公職選挙で実現目指す 茨城・つくば市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマートフォンを使って生徒会選挙の投票をする生徒ら=茨城県つくば市並木4の県立並木中等教育学校で
スマートフォンを使って生徒会選挙の投票をする生徒ら=茨城県つくば市並木4の県立並木中等教育学校で

 茨城県つくば市の県立並木中等教育学校で7日、インターネット投票による初の生徒会選挙が行われた。同市は全国初となる公職選挙でのインターネット投票実現を目指しており、子どもたちにも理解を深めてもらおうと、学校と共同実施した。【宮田哲】

 同校は中高一貫校で、ネット投票は全生徒約900人のうち高校1年に当たる4年生160人を対象に実施。欠席者などを除く131人がネット投票し、130人が有効投票となった。他学年の生徒などは投票用紙で投票した。

 4年生は事前に3回にわたり、投票の意義やデジタル技術について学習。当日は候補者の演説を聞いた後、本人確認した上で、スマートフォンに表示された投票先を選択、投票した。多くの生徒がすぐに投票を終え、開票もパソコン画面を開くと瞬時に各得票が表れた。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文984文字)

あわせて読みたい

注目の特集