読書もバリアフリーに 読み上げ機能付き電子雑誌、試験利用開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「コノ ライブラリーズ」アプリの画面=高知市で2021年7月2日午後5時35分、北村栞撮影
「コノ ライブラリーズ」アプリの画面=高知市で2021年7月2日午後5時35分、北村栞撮影

 併設する高知市の「オーテピア高知図書館」と「オーテピア高知声と点字の図書館」は今月から、電子雑誌閲覧サービス「コノ ライブラリーズ」の試験利用を開始した。国内では初の取り組みで、スマートフォンなどを使い、無料で国内外の雑誌を読むことができる。本文の音声読み上げ機能なども備わっているため、幅広い人々が楽しめるという。サービス利用は来年3月末まで。【北村栞】

 サービスはアプリをスマートフォンなどでダウンロードし、両館の共通利用カード番号を入力すれば誰でも無料で利用できる。国内の雑誌約50種だけでなく、アメリカや韓国などの雑誌も含め計180種以上の雑誌が読み放題になる。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集