秋元司衆院議員に懲役5年求刑 IR汚職 東京地裁公判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋元司・衆院議員
秋元司・衆院議員

 カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件で収賄罪などに問われた衆院議員、秋元司被告(49)に対し、東京地検は8日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)の公判で、懲役5年、追徴金約758万円を求刑した。論告で「現職の国会議員でありながら、法規範を一顧だにしていない。IR事業に対する社会の信頼を失墜させた」と批判した。

 ともに収賄罪に問われた元政策秘書、豊嶋晃弘被告(42)には「贈賄側との窓口の役割を果たしたが、立場は従属的」として懲役2年を求刑した。両被告は全面的に無罪を主張している。20日の弁護側の最終弁論で結審し、判決は9月7日に言い渡される。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文837文字)

あわせて読みたい

注目の特集