規制委、東電本社立ち入り検査へ 柏崎刈羽原発のテロ対策不備で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力柏崎刈羽原発。左から7号機、6号機、5号機=新潟県で2021年4月、本社機「希望」から
東京電力柏崎刈羽原発。左から7号機、6号機、5号機=新潟県で2021年4月、本社機「希望」から

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策に不備があった問題で、原子力規制委員会は8日、東電本社(東京都千代田区)への立ち入り検査を13日に実施すると発表した。経営層の関与を調べるため、小早川智明社長に事情を聴く。

 柏崎刈羽原発では、テロに備える核セキュリティー対策の規定に違反するような問題が起きると、社長に報告する制度になっている。立ち入り検査では、報告内容をどの程度把握していたかや、どう対応したかなどを小…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集