特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流 不安定な盛り土、2万立方メートル残る 静岡大教授推計

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流の起点=3日(同県提供)
静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流の起点=3日(同県提供)

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で起きた土石流災害で、起点にあった造成地に現在も不安定な盛り土が約2万立方メートル残っているとみられるとの推計を、静岡大防災総合センターの小山真人教授がまとめた。3日に発生した土石流の原因となった土砂のおよそ3分の1に相当するとして、大雨によって再び土石流が発生しかねないと警告している。

 小山教授は5日に現地調査を実施したほか、地形図や県提供のドローンの映像を分析。報告書を公開し、県の防災担当などにも情報提供した。

 小山教授によると、崩落…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文492文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集