特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

沖縄の観光業界「緊急事態延長、撤回を」 シーズン直撃に怒り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県の照屋義実副知事(左)に緊急事態宣言延長の撤回を国に求めるよう詰め寄る観光関連団体幹部ら=那覇市の県庁で2021年7月8日午後3時1分、竹内望撮影
沖縄県の照屋義実副知事(左)に緊急事態宣言延長の撤回を国に求めるよう詰め寄る観光関連団体幹部ら=那覇市の県庁で2021年7月8日午後3時1分、竹内望撮影

 「納得できない」「もう耐えきれない」「崖っぷちに立たされているようで、非常に憤りを感じる」

 新型コロナウイルス対策として沖縄県に発令中の緊急事態宣言を8月22日まで延長する政府方針に対し、夏の観光シーズンを迎える県内の観光業界から強い反対の声が上がった。県内の観光関連団体の幹部らは8日、急きょ県庁を訪れ「宣言の延長方針を撤回するよう国に強く求めてほしい」とする玉城(たまき)デニー知事宛ての要請書を提出した。

 この日、沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長らは県庁で照屋義実副知事と面会。観光業界は宣言延長でさらに厳しい状況に追い込まれ、甚大な影響を受けると主張し「県内の感染者数が減少傾向にあることや、離島を含めワクチン接種が進んでいる地域もあることから、宣言再延長方針を撤回し、まん延防止等重点措置に移行すること」を国に求める要請書を手渡した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文670文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集