特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

札幌開催の五輪マラソン 観戦自粛の実効性に疑問「防ぐ手立てない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックのマラソンテスト大会で北海道大構内を選手が走る中、観戦自粛を呼びかけるボランティア=札幌市北区で2021年5月5日午前10時55分、貝塚太一撮影
東京オリンピックのマラソンテスト大会で北海道大構内を選手が走る中、観戦自粛を呼びかけるボランティア=札幌市北区で2021年5月5日午前10時55分、貝塚太一撮影

 札幌市で8月5~8日に開かれる東京五輪のマラソン・競歩は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「沿道観戦自粛」とすることが決まった。ただ、普段から人通りが多い箇所もあり、対策の決定打はない。「見たくなるのは当然」と実効性を疑問視する声もある。

 マラソンと競歩は、札幌中心部の大通公園がスタート・フィニッシュ地点。6日の大会組織委と道、市の3者協議では、大通公園周辺を「立ち入り禁止エリア」、人通りの多い札幌駅前通を「重点対策エリア」とすることを決定。重点対策エリアでは歩く人が立ち止まれないよう、パイロン(円すい形の目印)を置くとした。

 沿道に配置するボランティアは、5月のテスト大会の約700人から3倍近い約2000人に増やす。組織委は「確保のめどはついている」と説明するものの、業者委託も含むことを認めている。総勢約5000人という運営側のワクチン接種も「海外選手に接する人を優先して始めている」とするが、全員の2回接種が間に合うのか、詳しいスケジュールは明かしていない。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文695文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集