「脱ファクス」後押し 福岡市、IT専門家を無料派遣 中小企業デジタル化支援 受発注で活用 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
受発注のデジタル化について、ITコーディネーターに相談する「サン・フカヤ」の舩木社長(右)
受発注のデジタル化について、ITコーディネーターに相談する「サン・フカヤ」の舩木社長(右)

 福岡市は8日、主にファクスや電話を用いた企業間取引のデジタル化を支援しようと、中小企業にIT専門家を無料で派遣する新事業をスタートした。受発注の「脱ファクス」を後押しする。

 市経営支援課によると、IT経営コンサルティング九州(福岡市)所属で専門の資格を持つITコーディネーターを2、3回派遣し、ITツールの導入をアドバイスする。市内に事業所がある中小企業や小規模企業者(個人事業主を含む)を対…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集