特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第1局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

わかんないから

 図の[後]7四歩に代えて[後]4二銀[先]7五歩[後]3一銀右とがっちり松尾流に組めば相当堅いが、糸谷は「この辺、シロウトなんでわかんない」と拒んだ。普段指さない穴熊をこれ以上進めると経験の差が出てしまう。[先]1八香に[後]4二銀も普通の手だが「固め合いはヘタだから」と[後]6四銀と前に進めた。棋士室ではこの銀が機敏だったと評判だったが、強攻できると踏んだからではなかったとは面食らうばかりだ。

 どういう理由であれ、[後]6四銀は好手となる。先手は[先]1八香と上がったからには[先]1九玉と潜るが、2八のハッチをふさぐ前に7筋から動かれたからだ。香を上がらず銀冠のまま[先]5九角などと進めたほうがよかった。ただ3二金型の穴熊では[後]4二銀~[後]3一銀右と引くのが普通なだけに、固め合いを想定した香上がりが甘かったと言われても納得できないものがありそうだ。一方の糸谷はまた全く違うことを考…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文764文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集