「デジタル円」が導入された近未来 日銀出身の専門家に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中央銀行デジタル通貨の開発に詳しい麗沢大教授の中島真志さん=本人提供
中央銀行デジタル通貨の開発に詳しい麗沢大教授の中島真志さん=本人提供

 遠い未来の話ではないのかもしれない。財布の中のお金がデジタル化され、「デジタル円」となる日のことだ。日本銀行に勤めた経験があり、中央銀行(中銀)が発行するデジタル通貨の開発に詳しい麗沢大教授の中島真志さん(63)は「数年後に実現する」とにらむ。デジタル通貨とはどういったもので、暮らしをどう変えるのか。話を聞いた。【聞き手・安藤大介】

 ――日銀が4月から中銀デジタル通貨の実証実験を始めました。海外でも多くの中銀が開発に乗り出しています。なぜ今、デジタル通貨なのでしょうか。

 ◆現金がやや不便で時代遅れの手段になっているからだと思います。今はさまざまな取引がデジタル化され、スマートフォンが1台あれば、モノを買ったり売ったりできます。現金で払うと手渡しが必要になり、小銭のやり取りなど結構面倒なので、通貨をデジタル化するニーズが高まっているのです。技術面では、仮想通貨(暗号資産)のビットコインなどで使われるブロックチェーン技術がデータの偽造や二重使用を防げると分かり、多くの中銀が安心してデジタル通貨の研究に取り組むようになりました。決済端末となるスマホが普及したことも大きな要因です。

 ――買い物などで電子マネーを使う機会は増えていますが、中銀デジタル通貨を使う場面はイメージできません。どのような使い方になるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1688文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集