香港の民主派区議100人超が辞職 「人々のために奉仕できない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年11月に投開票された区議選では大勢の市民が投票所で行列を作り、民主派が圧勝した=香港・湾仔で2019年11月24日、福岡静哉撮影
2019年11月に投開票された区議選では大勢の市民が投票所で行列を作り、民主派が圧勝した=香港・湾仔で2019年11月24日、福岡静哉撮影

 香港の地方議会に当たる区議会(479議席)の民主派区議100人以上が7~9日に辞職を表明した。香港紙「明報」などが報じた。香港政府は区議に対し、忠誠を誓うよう義務付け、「愛国者」とみなされなければ失職する。辞職を表明した議員は「香港の人々のために奉仕できない」などと説明している。

 2019年11月の区議選では、民主派が全体の約8割に当たる38…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集