祇園祭の提灯製作が大詰め 山鉾巡行中止、それでも「前向きに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
祇園祭の提灯作りが追い込みを迎え、店内に所狭しと並べられた提灯=京都市下京区で、山崎一輝撮影
祇園祭の提灯作りが追い込みを迎え、店内に所狭しと並べられた提灯=京都市下京区で、山崎一輝撮影

 京都・祇園祭の提灯(ちょうちん)製作が大詰めを迎えている。江戸中期創業の奥川提灯店(京都市下京区)ではコロナ禍により受注量が減少したが、職人たちは「前向きに、来年へのステップアップにしたい」と奮起している。

 昨年に続いて山鉾(やまほこ)巡行が中止になったことをふまえ、商店街や八坂神社などに飾る提灯…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

注目の特集