性的少数者ユーチューバーかずえちゃん、大学で講義「理解者に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大学生にLGBTQについて話すかずえちゃん=福井県越前市の仁愛大で、横見知佳撮影
大学生にLGBTQについて話すかずえちゃん=福井県越前市の仁愛大で、横見知佳撮影

 心と体の性が一致しない人や同性愛者などの性的マイノリティーに関する話題を発信しているユーチューバーのかずえちゃん(38)が6月30日、福井県越前市の仁愛大に招かれ、「ゲイの僕がYouTube(ユーチューブ)で伝えたいLGBTQのこと」をテーマに講義した。聴講した学生ら約45人に向けて「LGBTQの人たちが当たり前に周りにいることを知って、理解者『Ally(アライ)』になってほしい」と話した。【横見知佳】

 かずえちゃんは福井市出身で、2016年7月からユーチューブで発信し始めた。多様なセクシュアリティー(性的指向や性自認)を持つ人たちのインタビュー動画などが反響を呼び、現在の総視聴回数は約2750万回。チャンネル登録者数は約9万人の人気ユーチューバーだ。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1114文字)

あわせて読みたい

注目の特集