数十年に一度の晴れ姿 京都のホテルでリュウゼツランが開花

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三条通に面した花壇に咲いたリュウゼツランの花。通りかかった人が写真を撮るなどしていた=京都市中京区で2021年7月9日午後4時37分、千金良航太郎撮影
三条通に面した花壇に咲いたリュウゼツランの花。通りかかった人が写真を撮るなどしていた=京都市中京区で2021年7月9日午後4時37分、千金良航太郎撮影

 数十年に一度だけ咲くといわれるアガベ(リュウゼツラン)の花が、京都市中心部のホテル「TSUGU京都三条」(同市中京区)の三条通に面した花壇で咲いている。ホテルは国登録有形文化財「旧日本生命京都三条ビル」の外壁が一部利用されており、3メートルほどの高さに伸びた茎の先に付いた黄色の花と洋風建築が、京の街中で共演している…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

ニュース特集