車にはねられ5歳の息子失った父 運転の少年に公判で伝えたい思い

スマートフォンで撮影した陸隼ちゃんの写真を見つめる井上祐輔さん。「悲しい事故が繰り返されないように」と願う=東京都中央区で2021年5月31日午後4時13分、内橋寿明撮影

 東京・浅草橋で昨年9月、5歳の保育園児が横断歩道で車にはねられて亡くなった。運転していた茨城県内の会社員の少年(19)は自動車運転処罰法違反(過失致死)で成人と同様に起訴され、20日に東京地裁で初公判が開かれる。園児の父親は非公開の少年審判ではなく、公開の法廷での審理を望んできた。「法廷で罪を認め…

スマートフォンで撮影した陸隼ちゃんの写真を見つめる井上祐輔さん。「悲しい事故が繰り返されないように」と願う=東京都中央区で2021年5月31日午後4時13分、内橋寿明撮影

あわせて読みたい