連載

イブニングzoom

毎日新聞デジタルの「イブニングzoom」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

イブニングzoom

命悼み、地域を照らす光に 元海軍士官・原口静彦 20歳で「真珠湾」 戦後は医師、町長に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 朝焼けに照らされた雲があかね色に染まっていく。海軍少尉候補生で航海士の原口静彦(99)=長崎県南島原市=は、重巡洋艦「筑摩」の艦橋から海と空が織りなす美しい光景を見た。

 1941年12月8日未明(日本時間)。米ハワイ北方400キロの太平洋上を飛行機が銀翼を連ねて飛ぶ。向かう先は真珠湾。米国との戦端が今、まさに開かれようとしていた。太平洋戦争開始から終結まで、20歳になったばかりの原口の激動の日々が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1995文字(全文2201文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集