かぐわしアールグレイ 馬路村と四万十町のコラボ 地域商社が販売開始 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
商品を手に笑顔を見せる馬路村農協の東谷組合長(右から2番目)ら=県庁で2021年7月7日午前11時30分、北村栞撮影
商品を手に笑顔を見せる馬路村農協の東谷組合長(右から2番目)ら=県庁で2021年7月7日午前11時30分、北村栞撮影

 四万十町の地域商社「四万十ドラマ」(畦地履正社長)はこのほど、新商品の紅茶「あうんアールグレイ」の販売を始めたと発表した。ベルガモット栽培に取り組む馬路村農協と四万十町で茶葉を生産している広井茶生産組合のコラボ商品で、あっさりとした紅茶の味わいとベルガモットの香り高さが特長だ。

 馬路村農協では長年、ユズの生産や商品開発を進めてきたが、約10年前からベルガモットの栽培を始めた。商品化へ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集