連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

9歳で来日、クルド人青年のいま/下 「学べば未来ある」示したい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本での暮らしが15年になるラマザンさん=埼玉県蕨市で
日本での暮らしが15年になるラマザンさん=埼玉県蕨市で

 トルコ出身のクルド人、ラマザンさん(23)は3年前、家族とともに在留特別許可を日本政府に求めて提訴した。在留特別許可は国外退去処分を受けた外国人に対し、特別な事情を考慮して在留資格を与える措置だ。一家は来日して10年以上が過ぎて生活の基盤は日本にあり、トルコに戻れば弾圧の恐れがある。裁判では、トルコへの送還は幸福追求権を定めた憲法13条や、子どもの最善の利益の尊重を定めた子どもの権利条約などに反すると主張。訴訟は今も東京地裁で続いている。

 ラマザンさんが暮らす埼玉県川口市や周辺には、およそ2000人のクルド人が暮らしているとされる。だが、在留資格を持っていない人が大半だ。背景には日本の難民認定率の低さがあり、2019年は0・4%だった。

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1652文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集