茨城県医師会を脅迫容疑 京都の会社員逮捕 ロッキン中止関連か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茨城県警本部=水戸市で、韮澤琴音撮影 拡大
茨城県警本部=水戸市で、韮澤琴音撮影

 茨城県警水戸署は9日、SNS(ネット交流サービス)上で県医師会の役員を「殺す」などと脅したとして、京都市下京区屋形町の会社員、浜田充容疑者(31)を脅迫の疑いで逮捕した。ひたちなか市で8月に開催予定だった国内最大級の野外音楽祭「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル(ロッキン)」を巡り、県医師会などが延期を検討するよう主催者側に要請、今月7日に中止が発表された経緯があり、同署が詳しい動機などを調べている。

 逮捕容疑は7日午後11時8~23分の間、SNS上に「要望書を出して終わりにはさせんよ?フェス中止で発生した損失の補塡(ほてん)…。ちゃーんとやらなきゃ、全員燃やすか殺すよ?」などと投稿。県医師会のホームページの役員一覧につながるリンクを張り、役員の男性(66)を脅迫したとしている。

 同署によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。【長屋美乃里】

あわせて読みたい

注目の特集