特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生。災害関連死を含む27人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流から1週間 強い日差し、捜索続く 汗拭い泥かき出し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区の土石流災害は10日で発生から1週間を迎えた。土砂が流れ込み、泥をかぶったままの現場では、この日も早朝から警察や消防、自衛隊が救助・捜索活動にあたっている。警察官らは流れる汗を拭いながら、泥をかき出す作業に精を出した。

 現場では午前6時ごろから、警察官や自衛隊員、民間業者らがそれぞれの作業を始めた。国道135号の逢初(あいぞめ)橋は、道路の土砂がほぼ撤去され、壊れた赤い橋の欄干が露出している。川には泥をふくんだ茶色の水が流れる。橋のたもとでは、…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集