特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。

特集一覧

知りたい! 斎藤孝先生に聞いた 「読書感想文の書き方」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
明治大教授の斎藤孝さん=尾崎大輔さん撮影
明治大教授の斎藤孝さん=尾崎大輔さん撮影

 もうすぐ楽しい夏休み。だが忘れてはいけないのが、宿題の定番、読書感想文だろう。提出期限間近の「瀬戸際」になって、我が子とともに原稿用紙に向かってウンウンうなった……なんて親御さんは多いのではないか。「自分もうまく書けなかったから」と、ついつい子どもに代わって鉛筆を握ってしまうケースもあるかもしれない。だが、教育論や勉強法など多くの著書がある教育学者の斎藤孝さん(60)は「感想文を書くことで、その本を読んで得られる価値が3倍にも4倍にもなるのです」と語る。そんな斎藤さんにコツを聞いた。【屋代尚則/学芸部】

「絵」を文章と一緒に

 斎藤さんは子どもの頃、読書感想文を書くと本に対する考えが深まり、「本が自分の中に染み込んでくる感覚があった」という。例えば小学生のとき「フランダースの犬」(ウィーダ著・岩波書店など)を読んだときだ。ルーベンスに憧れて絵描きを志す少年ネロと、愛犬パトラッシュの悲しい物語。斎藤さんは原稿用紙の上半分に絵を描き、下半分に文章を書いて、物語への思いをしたためた。

 「その時に描いた犬の絵は、50年ほどたった今でも思い出せます。読書感想文で本を読んだ価値が…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1782文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集