アイヌ権利、真の確立を 「新法見直し議論して」 ウポポイ開業1年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アイヌ民族としての思いを語る平取アイヌ協会会長の木村英彦さん=平取町で2021年7月4日午後5時20分、高橋由衣撮影
アイヌ民族としての思いを語る平取アイヌ協会会長の木村英彦さん=平取町で2021年7月4日午後5時20分、高橋由衣撮影

 北海道白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日で開業1年を迎える。「大勢で歌う」を意味するウポポイ。差別せず権利を認め合い、みなが肩を組んで歌うような世界の実現に何が必要か。この節目に、アイヌの人々を取り巻く課題を探る。

 「ちょっと行くか」。子どもの頃、アイヌとして生きた祖父が唐突に言った。森林の獣道を一緒に歩いた。山頂にたどり着くと、眼下に自分たちが暮らす集落が広がっていた――。

 約45年前の出来事。平取町二風谷地区に生まれ育った木村英彦さん(57)は「あれ一度きりだった。おっかないじいさんが、山に連れて行ってくれた」と思いを巡らせた。

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1835文字)

あわせて読みたい

注目の特集